新型コロナウイルス対策によるイベントの中止について

※重要なお知らせ
「新型コロナウイルス」の対策として協議の結果、イベントの中止が決定致しましたのでお知らせさせて頂きます。
イベント開催を楽しみにしてくださっていた皆様大変申し訳ございません。下記のイベントにつきましては、主催者側の意向により、中止の対応を取らせて頂く事となりました。
既にご予約を頂きましたお客様には、メールまたはお電話にてご連絡を差し上げております。
お客様をはじめ、登壇者・スタッフの安全を考慮した上での決定となりますので何卒ご了承くださいませ。

■ 3/10(火) 19:00~
『国会をみよう 国会パブリックビューイングの試み』(集英社クリエイティブ)刊行記念
上西充子さん×永井愛さんトークイベント
「国会の言葉、劇の言葉──いま国会で起きていること」

■ 3/13(金) 19:00~
『みーんな ほんなごと!』(さくら舎)刊行記念
小松政夫さん独演会

3/13(金) 19:00~
『みーんな ほんなごと!』(さくら舎)刊行記念
小松政夫さん独演会【※中止】

※新型コロナウイルス対策によるイベントの中止について
「新型コロナウイルス」の対策として協議の結果、イベントの中止が決定致しましたのでお知らせさせて頂きます。イベント開催を楽しみにしてくださっていた皆様大変申し訳ございません。下記のイベントにつきましては、主催者側の意向により、中止の対応を取らせて頂く事となりました。
お客様をはじめ、登壇者・スタッフの安全を考慮した上での決定となりますので何卒ご了承くださいませ。

「しらけ鳥音頭」「小松の親分さん」など数々の芸をヒットさせ、日本を笑わせ続けるコメディアン・小松政夫!
芸歴50年を超える大ベテランが繰り出す抱腹絶倒のトークショー!
オフレコものの“ココだけの話”がたくさん飛び出す!?
どれもこれも「みーんな ほんなごと(全部本当のこと)!」
※独演会終了後サイン会ございます。

≪プロフィール≫

小松政夫(こまつ・まさお)

1942年、福岡県博多に生まれる。19歳のとき、役者を目指して上京、俳優座を受験、試験に受かったものの数千円の入学金が払えず断念する。その後、転職を重ね、横浜トヨペットでトップセールスマンになるが、1964年にクレージーキャッツの植木等の付き人兼運転手の募集に応募、600人の中から選ばれる。
その後、コメディアンとして、日本テレビの「シャボン玉ホリデー」でテレビデビュー、初舞台はクレージーキャッツの日劇公演。以降、数え切れないほど、テレビ、映画、舞台に出演。大ヒットした芸には「淀川長治」「電線音頭」「しらけ鳥」「タコフン音頭」「小松の親分さん」など多数があり、伊東四朗とのコンビ芸も大受け。2011年に社団法人日本喜劇人協会10代目会長に選出される。
著書には『のぼせもんやんけん」(竹書房)、『昭和と師弟愛 植木等と歩いた43年』(KADOKAWA)、『ひょうげもん――コメディアン奮戦!』(さくら舎)などがある。

開催日時:2020年3月13日(金) 19時00分~(開場18時30分)

開催場所:東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール

参加費: おひとり様1,000円(要予約)

       受付電話番号:03-3291-5181

当日17:00より1階レジカウンターにて受付を行います。 受付時にお渡しするイベントチケットは6階入口にて係員にご提示いただきますのでそのままお持ちください。
6階には待機場所を設けておりませんので、開場時間前に6階へお上がりいただくのはご遠慮ください。

会場での書籍のご購入は現金のみの対応となっており、クレジットカード・図書カード・電子マネー等でのお支払いはできません。また、東京堂のポイントカードへのポイント付与もできませんので予めご了承ください。

やむを得ずキャンセルされる場合は、お手数ではございますが電話またはメール(shoten@tokyodo-web.co.jp)にてご予約のお名前・イベント名をご連絡ください。

3/10(火) 19:00~
『国会をみよう 国会パブリックビューイングの試み』(集英社クリエイティブ)刊行記念
上西充子さん×永井愛さんトークイベント【※中止】
「国会の言葉、劇の言葉──いま国会で起きていること」

※新型コロナウイルス対策によるイベントの中止について
「新型コロナウイルス」の対策として協議の結果、イベントの中止が決定致しましたのでお知らせさせて頂きます。イベント開催を楽しみにしてくださっていた皆様大変申し訳ございません。下記のイベントにつきましては、主催者側の意向により、中止の対応を取らせて頂く事となりました。
お客様をはじめ、登壇者・スタッフの安全を考慮した上での決定となりますので何卒ご了承くださいませ。

いま国会で起きていることについて、国会パブリックビューイングを主宰し、「ご飯論法」の発案者でもある上西充子教授が、劇作家・演出家の永井愛さんと語り合う。国会で質問にきちんと答えようとしない首相や大臣たち、詭弁を弄する官僚たちに、どのように対応するべきなのか。知恵と工夫から生まれた市民メディア「国会パブリックビューイング」の試みについて、おふたりに語っていただきます。


≪プロフィール≫

上西充子(うえにし・みつこ)

法政大学キャリアデザイン学部教授、同大学院キャリアデザイン学研究科教授。東京大学教育学部卒業後、同経済学部に学士編入して卒業。同大学院経済学研究科第二種博士課程単位取得満期退学。日本労働研究機構(現在の労働政策研究・研修機構)の研究員を経て現在に至る。専門は労働問題。
2018年6月より、「国会パブリックビューイング」の代表として、国会の可視化に向けて取り組んでいる。2018年の新語・流行語大賞トップテンに選ばれた「ご飯論法」の受賞者のひとり。2019年、日隅一雄・情報流通促進賞の奨励賞を受賞。
著書に『大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A』(共著、旬報社)、『呪いの言葉の解きかた』(晶文社)など。

永井愛(ながい・あい)

劇作家・演出家。二兎社主宰。桐朋学園芸術短期大学演劇専攻卒。身辺や意識下に潜む問題をすくい上げ、現実の生活に直結したライブ感覚あふれる劇作を続けている。日本の演劇界を代表する劇作家の一人として海外でも注目を集め、『萩家の三姉妹』(白水社)、『片づけたい女たち』『ザ・空気』(ともに而立書房)ほか多くの作品が外国語に翻訳・リーディング上演されている。
上記以外の代表作に『ら抜きの殺意』(而立書房/光文社文庫)、『見よ、飛行機の高く飛べるを』(而立書房)、『こんにちは、母さん』(白水社)、『歌わせたい男たち』(而立書房)、『鷗外の怪談』(「悲劇喜劇」2014年11月号)など。著書に『中年まっさかり』(光文社/光文社文庫)ほか。
鶴屋南北戯曲賞、岸田國士戯曲賞、芸術選奨文部科学大臣賞、朝日舞台芸術賞秋元松代賞、毎日芸術賞、読売演劇大賞最優秀演出家賞等多数受賞。

開催日時:2020年3月10日(火) 19時00分~(開場18時30分)

開催場所:東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール

参加費: おひとり様1,000円(要予約)

       受付電話番号:03-3291-5181

当日17:00より1階レジカウンターにて受付を行います。 受付時にお渡しするイベントチケットは6階入口にて係員にご提示いただきますのでそのままお持ちください。
6階には待機場所を設けておりませんので、開場時間前に6階へお上がりいただくのはご遠慮ください。

会場での書籍のご購入は現金のみの対応となっており、クレジットカード・図書カード・電子マネー等でのお支払いはできません。また、東京堂のポイントカードへのポイント付与もできませんので予めご了承ください。

やむを得ずキャンセルされる場合は、お手数ではございますが電話またはメール(shoten@tokyodo-web.co.jp)にてご予約のお名前・イベント名をご連絡ください。

1/16(木) 19:00~
『いつだって読むのは目の前の一冊なのだ』(作品社)刊行記念
池澤夏樹さん×松山巖さんトークイベント
「本への誘惑──書評という仕事」

誕生日が4日違いという、池澤夏樹さんと松山巖さん。同時代を併走してきたお二人が、奇しくも大著の書評集を上梓した。池澤さんの『いつだって読むのは目の前の一冊なのだ』(作品社刊、704頁)と松山さんの『本を読む。──松山巖書評集』(西田書店刊、894頁)。本読み巧者のお二人に書評という仕事の魅力について存分に語っていただきます。

≪プロフィール≫

池澤夏樹(いけざわ・なつき)

1945年、北海道帯広市に生まれる。1984年、『夏の朝の成層圏』で長篇小説デビュー。1987年発表の『スティル・ライフ』で第98回芥川賞を受賞。その後の作品に『母なる自然のおっぱい』(読売文学賞)『マシアス・ギリの失脚』(谷崎潤一郎賞)『楽しい終末』(伊藤整文学賞)『静かな大地』(親鸞賞)『花を運ぶ妹』(毎日出版文化賞)など。その他、編著に『池澤夏樹=個人編集 世界文学全集』(全30巻)、『池澤夏樹=個人編集 日本文学全集』(全30巻、刊行中)など。

松山巖(まつやま・いわお)

1945年、東京に生まれる。東京芸術大学美術学部建築科卒業。作家、評論家。デビュー作『乱歩と東京』が日本推理作家協会賞を受賞。その他エッセイ・評論に『まぼろしのインテリア』(後に改題『百年の棲家』)、『うわさの遠近法』(サントリー学芸賞)『群衆――機械のなかの難民』(読売文学賞)『銀ヤンマ、匂いガラス』『世紀末の一年――一九〇〇年ジャパン』『住み家殺人事件――建築論ノート』、小説に『闇のなかの石』(伊藤整文学賞)『猫風船』など。2012年、建築学会文化賞受賞。

開催日時:2020年1月16日(木) 19時00分~(開場18時30分)

開催場所:東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール

参加費: おひとり様1,000円(要予約)

予約方法:メール・店頭・電話

・メールでご予約の場合
上記「お申し込みはこちら」のリンク先専用応募フォームからお申し込みください。

・店頭または電話でご予約の場合
イベント名・お名前・電話番号・参加人数をお知らせください。

       ご予約受付電話番号:03-3291-5181

当日17:00より1階レジカウンターにて受付を行います。 受付時にお渡しするイベントチケットは6階入口にて係員にご提示いただきますのでそのままお持ちください。
6階には待機場所を設けておりませんので、開場時間前に6階へお上がりいただくのはご遠慮ください。

会場での書籍のご購入は現金のみの対応となっており、クレジットカード・図書カード・電子マネー等でのお支払いはできません。また、東京堂のポイントカードへのポイント付与もできませんので予めご了承ください。

やむを得ずキャンセルされる場合は、お手数ではございますが電話またはメール(shoten@tokyodo-web.co.jp)にてご予約のお名前・イベント名をご連絡ください。

1/17(金) 19:00~
『窓辺のこと』(港の人)刊行記念
石田千さん×牧野伊三夫さんトーク&サイン会
「石田千のレルビー」

2001年第1回古本小説大賞を受賞して以来、石田千は小説、エッセイ、紀行などと幅広い分野でチャレンジしながら作家の道を歩んで来た。2020年正月、そろそろ20年を迎える作家生活を振りかえり、明日のことを思う。石田千のレルビーを聞く。お相手は、銭湯仲間の画家、牧野伊三夫(本書の装画・絵を担当)。
イベントご参加のお客様に石田千さんからの特別プレゼントあり!お楽しみに!!

≪プロフィール≫

石田千(いしだ・せん)

1968年生まれ。作家。2001年「大踏切書店のこと」により第1回古本小説大賞受賞。2016年『家へ』にて第3回鉄犬ヘテロトピア文学賞受賞。画家・牧野伊三夫が装画を担当している著書は、本作のほかに『バスを待って』(小学館)『箸もてば』(新構社)がある。

牧野伊三夫(まきの・いさお)

1964年生まれ。画家。美術同人誌『四月と十月』主宰。著書に『僕は、太陽をのむ』『仕事場訪問』(以上、港の人)ほか。近刊に『牧野伊三夫イラストレーションの仕事と体験記1987-2019』(誠文堂新光社)。

開催日時:2020年1月17日(金) 19時00分~(開場18時30分)

開催場所:東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール

参加費: おひとり様1,000円(要予約)

予約方法:メール・店頭・電話

・メールでご予約の場合
上記「お申し込みはこちら」のリンク先専用応募フォームからお申し込みください。

・店頭または電話でご予約の場合
イベント名・お名前・電話番号・参加人数をお知らせください。

       ご予約受付電話番号:03-3291-5181

当日17:00より1階レジカウンターにて受付を行います。 受付時にお渡しするイベントチケットは6階入口にて係員にご提示いただきますのでそのままお持ちください。
6階には待機場所を設けておりませんので、開場時間前に6階へお上がりいただくのはご遠慮ください。

会場での書籍のご購入は現金のみの対応となっており、クレジットカード・図書カード・電子マネー等でのお支払いはできません。また、東京堂のポイントカードへのポイント付与もできませんので予めご了承ください。

やむを得ずキャンセルされる場合は、お手数ではございますが電話またはメール(shoten@tokyodo-web.co.jp)にてご予約のお名前・イベント名をご連絡ください。

1/8(水) 19:00~
『政権交代が必要なのは、総理が嫌いだからじゃない』(現代書館)刊行記念
枝野幸男さん×田中信一郎さんトークイベント
『人口減少社会に必要な政策転換
もう「野党には対案が無い」なんて言わせない!』

【 満 員 御 礼 】

※本イベントの予約受付は定員に達したため、終了しました。


新刊『政権交代が必要なのは、総理が嫌いだからじゃない』で、今の政治や経済、社会の停滞のメカニズムを分かりやすく解き明かし、人口減少時代に適応する新たな経済政策と社会のビジョンを提示した田中信一郎さんと、野党第1党・立憲民主党の枝野幸男代表が、野党が準備すべき政権プログラムを熱く語る。2020年、新春、ボトムアップ社会への大転換を始めよう!


≪プロフィール≫

枝野幸男(えだの・ゆきお)

立憲民主党代表。衆議院議員(埼玉5区選出)。1964年栃木県宇都宮市生まれ。87年東北大学法学部卒業。91年弁護士登録。93年日本新党から衆議院議員に立候補し、初当選。その後、新党さきがけを経て民主党結党に参画。内閣官房長官、民進党幹事長などを歴任し、2017年、立憲民主党を結党。

田中信一郎(たなか・しんいちろう)

千葉商科大学基盤教育機構准教授、博士(政治学)。
明治大学大学院政治経済学研究科博士後期課程修了。国会議員政策秘書、横浜市、内閣府、内閣官房、長野県、自然エネルギー財団などを経て現職。著書『国会質問制度の研究』日本出版ネットワーク、『信州はエネルギーシフトする』築地書館など。

開催日時:2020年1月8日(水) 19時00分~(開場18時30分)

開催場所:東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール

参加費: おひとり様1,000円(要予約)

予約方法:メール(受付終了)・店頭・電話

・メールでご予約の場合 ⇒ 受付終了

・店頭または電話でご予約の場合
イベント名・お名前・電話番号・参加人数をお知らせください。

       ご予約受付電話番号:03-3291-5181

当日17:00より1階レジカウンターにて受付を行います。 受付時にお渡しするイベントチケットは6階入口にて係員にご提示いただきますのでそのままお持ちください。
6階には待機場所を設けておりませんので、開場時間前に6階へお上がりいただくのはご遠慮ください。

会場での書籍のご購入は現金のみの対応となっており、クレジットカード・図書カード・電子マネー等でのお支払いはできません。また、東京堂のポイントカードへのポイント付与もできませんので予めご了承ください。

やむを得ずキャンセルされる場合は、お手数ではございますが電話またはメール(shoten@tokyodo-web.co.jp)にてご予約のお名前・イベント名をご連絡ください。

12/4(水) 19:00~
『武田百合子対談集』(中央公論新社)刊行記念
金井久美子さん×金井美恵子さんトークイベント
「百合子さんとの思い出」

※重要なお知らせ
本日、金井美恵子さんが体調不良のため登壇出来なくなりました。
本日は金井久美子さんお一人のトークショーとなります。
お二人の対談を楽しみにされていた方には大変申し訳ありません。
何卒ご容赦ください。

『武田百合子対談集』刊行を記念して、金井久美子さん、金井美恵子さんに、武田百合子さんとの思い出について対談していただきます。
本書には、1979年1月におこなわれた百合子さんとお二人との鼎談が収録されています。それ以後も、親しくお付き合いを続けてこられたお二人から、百合子さんの作品や、人となり、そしてその周辺の人々について、貴重なお話を伺えるまたとない機会です。どうぞご期待ください。

※対談後にサイン会を予定しております。


≪プロフィール≫

金井久美子《画家》(かない・くみこ)

1945年、北京生まれ。ルナミ画廊(67年)、シロタ画廊(75年、77年)、アートスペース美蕾樹(87年、2003年)、青山ブックセンター(02年)、村越画廊(07年「楽しみと日々」、11年「猫の一年」、13年「小さいもの、大きいこと」、16年「お勝手太平記」「金井久美子 猫デッサン展」)にて個展開催。『愛の生活』から『「スタア誕生」』まで、妹・金井美恵子の著作の装幀、装画を手がける。姉妹の共著に、『金井美恵子、金井久美子の部屋』(85年)、『ノミ、サーカスヘゆく』(01年)、『待つこと、忘れること?』(02年)、『楽しみと日々』(07年)ほか。

金井美恵子《作家》(かない・みえこ)

1947年、高崎市生まれ。67年、「愛の生活」でデビュー。68年、同書で現代詩手帖賞受賞。小説に『岸辺のない海』(74年)、『プラトン的恋愛』(79年、泉鏡花文学賞)、『文章教室』(85年)『タマや』(87年、女流文学賞)、『恋愛太平記』(95年)『噂の娘』(2002年)、『ピース・オブ・ケーキとトゥワイス・トールド・テールズ』(12年)、『カストロの尻』(17年、芸術選奨文部科学大臣賞)、『「スタア誕生」』(18年)ほか。エッセイに『映画、柔らかい肌』(83年)、『待つこと、忘れること?』(02年)、『スクラップ・ギャラリー 切りぬき美術館』(05年)、『目白雑録』1~6(04~16年)、『金井美恵子エッセイコレクション』(全4巻、2013~14年)などがある。

開催日時:2019年12月4日(水) 19時00分~(開場18時30分)

開催場所:東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール

参加費: おひとり様1,000円(要予約)

予約方法:メール・店頭・電話

・メールでご予約の場合
上記「お申し込みはこちら」のリンク先専用応募フォームからお申し込みください。

・店頭または電話でご予約の場合
イベント名・お名前・電話番号・参加人数をお知らせください。

       ご予約受付電話番号:03-3291-5181

当日17:00より1階レジカウンターにて受付を行います。 受付時にお渡しするイベントチケットは6階入口にて係員にご提示いただきますのでそのままお持ちください。
6階には待機場所を設けておりませんので、開場時間前に6階へお上がりいただくのはご遠慮ください。

会場での書籍のご購入は現金のみの対応となっており、クレジットカード・図書カード・電子マネー等でのお支払いはできません。また、東京堂のポイントカードへのポイント付与もできませんので予めご了承ください。

やむを得ずキャンセルされる場合は、お手数ではございますが電話またはメール(shoten@tokyodo-web.co.jp)にてご予約のお名前・イベント名をご連絡ください。

12/20(金) 19:00~
『毎朝ちがう風景があった』(新日本出版社)刊行記念
椎名誠さんトーク&サイン会
「デビューから40年を迎えて今、シーナが思うことは――」
作家デビュー40周年記念イベント

※定員に達したため受付を締め切りました。
1979年に作家デビューを果たし、今年で作家生活40周年を迎える椎名誠さん。そんな節目の年、2019年を締め括るメモリアルイベントを開催いたします。デビューから40年を迎えて、「これまで」と「今」、そして「これから」を語ります。

≪プロフィール≫

椎名誠(しいな・まこと)

1944年、東京生まれ。作家。1979年より、小説、エッセイ、ルポなどの作家活動に入る。主な作品に『犬の系譜』(講談社)、『岳物語』(集英社)、『中国の鳥人』(新潮社)、新日本出版社からは、『この道をどこまでも行くんだ』『旅の窓からでっかい空をながめる』『世界の家族 家族の世界』『本の夢 本のちから』『おなかがすいたハラペコだ。』『おなかがすいたハラペコだ。② おかわりもういっぱい』のほか、絵本の『おっちゃん山』がある。

開催日時:2019年12月20日(金) 19時00分~(開場18時30分)

開催場所:東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール

参加費: おひとり様1,000円(要予約)

※定員に達したため受付を締め切りました。

       ご予約受付電話番号:03-3291-5181

当日17:00より1階レジカウンターにて受付を行います。 受付時にお渡しするイベントチケットは6階入口にて係員にご提示いただきますのでそのままお持ちください。
6階には待機場所を設けておりませんので、開場時間前に6階へお上がりいただくのはご遠慮ください。

会場での書籍のご購入は現金のみの対応となっており、クレジットカード・図書カード・電子マネー等でのお支払いはできません。また、東京堂のポイントカードへのポイント付与もできませんので予めご了承ください。

やむを得ずキャンセルされる場合は、お手数ではございますが電話またはメール(shoten@tokyodo-web.co.jp)にてご予約のお名前・イベント名をご連絡ください。

12/10(火) 19:00~
『みんなの寅さん from 1969』(アルファベータブックス)&『寅さんのことば 生きてる?そら結構だ』(幻冬舎)刊行記念
佐藤利明さん×佐藤蛾次郎さんトーク&サイン会
『帰ってきた「みんなの寅さん」まつり』

1969年に第一作が公開されて以来半世紀。この年末に、待望の第50作『男はつらいよ お帰り 寅さん』が公開される、国民的映画シリーズに様々な角度からアプローチした大著「みんなの寅さん from1969」(アルファベータブックス)と、東京新聞に連載され好評を博した人気コラムを収録した「寅さんのことば 生きてる?そら結構だ」(幻冬舎)の刊行を記念して、著者で娯楽映画研究の第一人者、文化放送の人気番組「みんなの寅さん」(2011~2016)のパーソナリティで「寅さん博士」の佐藤利明氏のトーク&サイン会を開催。ゲストに、著者とは20年来の親交のある、俳優・佐藤蛾次郎さんを迎えて、「みんなの寅さん」「寅さんのことば」の魅力を縦横無尽に語ります。


≪プロフィール≫

佐藤利明(さとう・としあき)

構成作家・ラジオ・パーソナリティー。娯楽映画研究家として、ハナ肇とクレイジーキャッツ、「男はつらいよ」、エノケン・ロッパなどの昭和の喜劇人の魅力を、新聞連載やコラム、CD アルバム、映像ソフトのプロデュースを通して紹介を続けるエンタテイメントの伝道師。石原裕次郎についても、これまで全作品DVDの解説、CD、映像ソフトのプロデュース、「石原プロモーション50年史」の執筆などを手がけてきた。テレビ、ラジオなどで「昭和のエンタテインメント」をテーマに活躍中。音楽プロデューサーとしても活躍。2015 年文化放送特別賞受賞。著書『クレイジー音楽大全 クレイジーキャッツ・サウンド・クロニクル』(シンコーミュージック)、『植木等ショー! クレージーテレビ大全』(洋泉社)、『寅さんのことば 風の吹くまま 気の向くまま』(東京新聞)、『石原裕次郎 昭和太陽伝』(アルファベータブックス)など多数。

佐藤蛾次郎(さとう・がじろう)

俳優・タレント。大阪府出身。息子は俳優の佐藤亮太。
1953年、朝日放送児童劇団入団。1961年、映画「神州天馬侠」の泣き虫蛾次郎役を演じ、以後芸名を佐藤蛾次郎とする。1968年、山田洋次監督に誘われ上京、テレビドラマ「男はつらいよ」出演。1969年〜1995年、映画「男はつらいよ」にて寺男源吉(愛称・源公)役で知られる。同映画では、第8作を除き、全作品に出演。その他、映画「破門」「ATARU」「伊賀忍法帖」「任侠学園」。テレビドラマ「天皇の料理番」「科捜研の女」「制服捜査シリーズ」「JIN-仁-」「99.9-刑事専門弁護士」「後妻業」「時効警察」「坂の上の雲」「水戸黄門」他、多数に出演。銀座でパブ「蛾次ママ」を経営。限定裏メニューの『寅さんカレー』が常連客に人気。

開催日時:2019年12月10日(火) 19時00分~(開場18時30分)

開催場所:東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール

参加費: おひとり様1,000円(要予約)

予約方法:メール・店頭・電話

・メールでご予約の場合
上記「お申し込みはこちら」のリンク先専用応募フォームからお申し込みください。

・店頭または電話でご予約の場合
イベント名・お名前・電話番号・参加人数をお知らせください。

       ご予約受付電話番号:03-3291-5181

当日17:00より1階レジカウンターにて受付を行います。 受付時にお渡しするイベントチケットは6階入口にて係員にご提示いただきますのでそのままお持ちください。
6階には待機場所を設けておりませんので、開場時間前に6階へお上がりいただくのはご遠慮ください。

会場での書籍のご購入は現金のみの対応となっており、クレジットカード・図書カード・電子マネー等でのお支払いはできません。また、東京堂のポイントカードへのポイント付与もできませんので予めご了承ください。

やむを得ずキャンセルされる場合は、お手数ではございますが電話またはメール(shoten@tokyodo-web.co.jp)にてご予約のお名前・イベント名をご連絡ください。

11/14(木) 19:00~
『丸山健二掌編小説集 人の世界』(田畑書店)刊行記念
丸山健二さんトーク&サイン会
「人の世界」

このところ長大な小説を続々と発表してきた著者が、久々に掌編小説集を上梓しました。およそ半世紀にわたる作家生活において、つねに新たな文学の鉱脈を掘り当ててきた「孤高の作家」が、新たな読者を前に初めて胸襟を開いて、文学について、人間について語ります。

≪プロフィール≫

丸山健二(まるやま・けんじ)

1943年、長野県飯山市に生まれる。仙台電波高等学校卒業後、東京の商社に勤務。66年、「夏の流れ」で文学界新人賞を受賞。同作にて弱冠23歳で芥川賞を受賞する。68年に郷里の長野県に移住後、文壇とは一線を画した独自の創作活動を続ける。

開催日時:2019年11月14日(木) 19時00分~(開場18時30分)

開催場所:東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール

参加費: おひとり様1,000円(要予約)

予約方法:メール・店頭・電話

・メールでご予約の場合
上記「お申し込みはこちら」のリンク先専用応募フォームからお申し込みください。

・店頭または電話でご予約の場合
イベント名・お名前・電話番号・参加人数をお知らせください。

       ご予約受付電話番号:03-3291-5181

当日17:00より1階レジカウンターにて受付を行います。 受付時にお渡しするイベントチケットは6階入口にて係員にご提示いただきますのでそのままお持ちください。
6階には待機場所を設けておりませんので、開場時間前に6階へお上がりいただくのはご遠慮ください。

会場での書籍のご購入は現金のみの対応となっており、クレジットカード・図書カード・電子マネー等でのお支払いはできません。また、東京堂のポイントカードへのポイント付与もできませんので予めご了承ください。

やむを得ずキャンセルされる場合は、お手数ではございますが電話またはメール(shoten@tokyodo-web.co.jp)にてご予約のお名前・イベント名をご連絡ください。