ログインID
パスワード
  
Myページ登録はこちらから↑
 パスワードを忘れた方はこちら
PaperBackClub
しあわせゴハン 1
「おいしい」という台詞が一言もないのに、 登場する物語の主人公たちからは美味しくて幸せだということが、これでもかというくらいに伝わ… (続きを読む)
★★★
孤独のグルメ
今更ながら往年の名作にレビューを書こうと思ったのは、「東京千代田区秋葉原のカツサンド」を読んだ為です。 カツサンドが美味しそうだか… (続きを読む)
★★★
そう書いてあった
待望の益田ミリさん新刊です。 今回は新聞連載のエッセイ集となっています。 益田さんご自身に関することが短い文章で書かれているのです… (続きを読む)
★★★
おかずのタネ 作りおきで何度もおいしい
今、話題の「つくりおきおかず」とは似て非なるもの、でしょうか。 一品つくると、まずそのまま食べる、さらにアレンジして食べる、という… (続きを読む)
★★★
ごほうびごはん   1
グルメ情報やうんちくはありません。 純粋に自分のために、ちょっと贅沢な食事を週に一回する。 主人公の池田さん自身による自炊だったり… (続きを読む)
★★★
父の逸脱―ピアノレッスンという拷問
ひと言: 親から受けた教育の連鎖、親の期待と子の才能、世間の思い込みの強さ、……いろいろ考えさせられます。 長文書…
激動の時代を生きる英知―内なるガイドにつながりアセンション
ひと言: 激動の時代を生きる英知をひと言でいえば、「高次元とつながる」ことだろう。その必要性が記述されている。 長…
「臨死体験」を超える死後体験 4 - 2012人類大転換
ひと言:  読者を引き付けるために、こんなタイトルにしたんだろう。2012年がピークであるけれど、その前後10数年の期間に渡って、地上に…
2012年 目覚めよ地球人― いよいよ始まった人類大転換の時
ひと言: このタイトルだから、ブックオフの100円コーナーに置かれていたらしいけれど、2012年を超えたからといって、スピリチュアルな内…
がらくた
ひと言: 最初の恋愛小説「きらきらひかる」から16年の歳月が流れ、江國香織の文章は成熟し過ぎたきらいがある。主人公の言葉を借りれば、ある…

【外部リンク】


        
                 東京堂出版はこちら

 

Twitter