ログインID
パスワード
  
Myページ登録はこちらから↑
 パスワードを忘れた方はこちら
PaperBackClub
しあわせゴハン 1
「おいしい」という台詞が一言もないのに、 登場する物語の主人公たちからは美味しくて幸せだということが、これでもかというくらいに伝わ… (続きを読む)
★★★
孤独のグルメ
今更ながら往年の名作にレビューを書こうと思ったのは、「東京千代田区秋葉原のカツサンド」を読んだ為です。 カツサンドが美味しそうだか… (続きを読む)
★★★
そう書いてあった
待望の益田ミリさん新刊です。 今回は新聞連載のエッセイ集となっています。 益田さんご自身に関することが短い文章で書かれているのです… (続きを読む)
★★★
おかずのタネ 作りおきで何度もおいしい
今、話題の「つくりおきおかず」とは似て非なるもの、でしょうか。 一品つくると、まずそのまま食べる、さらにアレンジして食べる、という… (続きを読む)
★★★
ごほうびごはん   1
グルメ情報やうんちくはありません。 純粋に自分のために、ちょっと贅沢な食事を週に一回する。 主人公の池田さん自身による自炊だったり… (続きを読む)
★★★
技術の街道をゆく
ひと言: 現場を歩いて語るモノづくりへの進言と箴言 長文書評:  畑村洋太郎氏が専門とする「失敗学・危険学」は…
東洋の理想
ひと言: 日本とは何か、そして日本美術の理想とは何かを考える上で「東洋の理想」は最高の書である。 長文書評: …
起て、飢えたる者よ〈インターナショナル〉を訳詞した怪優・佐々木孝丸
ひと言: 彼(佐々木氏)の左翼演劇俳優(?)としての歩みを追いながら、彼の出演した映画作品や、インターナショナルが映画の中で流れる作品を…
私たちは今の世をどう生きるか (単行本)
ひと言: 自己自身を問うことから新しい生き方を発見する 長文書評: 蓮如が遺した「知れるところを問う」という言…
日米「振り込め詐欺」大恐慌―私たちの年金・保険は3分の1に削られる
ひと言:  横帯に書かれている副島さんの予想は、幸いなことに実現せずに済んでいるし、悪しき作為に満ちたハイ・イールド債の償還期限である2…

【外部リンク】


        
                 東京堂出版はこちら

 

総合ランキング

Twitter