しあわせゴハン 1
「おいしい」という台詞が一言もないのに、 登場する物語の主人公たちからは美味しくて幸せだということが、これでもかというくらいに伝わ… (続きを読む)
★★★
孤独のグルメ
今更ながら往年の名作にレビューを書こうと思ったのは、「東京千代田区秋葉原のカツサンド」を読んだ為です。 カツサンドが美味しそうだか… (続きを読む)
★★★
そう書いてあった
待望の益田ミリさん新刊です。 今回は新聞連載のエッセイ集となっています。 益田さんご自身に関することが短い文章で書かれているのです… (続きを読む)
★★★
おかずのタネ 作りおきで何度もおいしい
今、話題の「つくりおきおかず」とは似て非なるもの、でしょうか。 一品つくると、まずそのまま食べる、さらにアレンジして食べる、という… (続きを読む)
★★★
ごほうびごはん   1
グルメ情報やうんちくはありません。 純粋に自分のために、ちょっと贅沢な食事を週に一回する。 主人公の池田さん自身による自炊だったり… (続きを読む)
★★★
マリア・シャラポワ自伝
ひと言: 「妖精」まで、そして「妖精」から -- 困難を乗り越えた栄光、繰り返す挫折と再起は、30歳で自伝を書くに値する半生。 …
アルブレヒト・デューラー
ひと言: 謙虚で誠実、敬虔な人だったんですね 長文書評:  デューラーの作品は好きなのですが、なかなかまとまっ…
文庫版 嘘つき男と泣き虫女
ひと言: 異性が考え、感じていることをさらに深く理解できるように! 長文書評: 異性が考え、感じていることをさ…
最初の刑事: ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件
ひと言: レストレード警部は ほんとうは 優秀だったのかもしれない 長文書評:  『シャーロック・ホームズ』の…
新書882ヒトラーとUFO
ひと言: 昔「都市伝説」、今「フェイクニュース」といったところだろうか? 長文書評: 篠田航一氏の『ヒトラーと…

【外部リンク】


        
                 東京堂出版はこちら

 

総合ランキング

クリームソーダ純喫茶めぐり  グラフィック社 
文字渦  新潮社 
ハレルヤ  新潮社 
庄野潤三の本 山の上の家  夏葉社 
短歌ムック ねむらない樹 vol.1  書肆 侃侃房 
西條八十集 人食いバラ 他三篇  戎光祥出版 
憲法が変わるかもしれない社会  文藝春秋 
ふたりぐらし  新潮社 
旅する本の雑誌  本の雑誌社 
プレオー8の夜明け P+D BOOKS  小学館 
〈08月14日調べ〉

Twitter