ログインID
パスワード
  
Myページ登録はこちらから↑
 パスワードを忘れた方はこちら
PaperBackClub
しあわせゴハン 1
「おいしい」という台詞が一言もないのに、 登場する物語の主人公たちからは美味しくて幸せだということが、これでもかというくらいに伝わ… (続きを読む)
★★★
孤独のグルメ
今更ながら往年の名作にレビューを書こうと思ったのは、「東京千代田区秋葉原のカツサンド」を読んだ為です。 カツサンドが美味しそうだか… (続きを読む)
★★★
そう書いてあった
待望の益田ミリさん新刊です。 今回は新聞連載のエッセイ集となっています。 益田さんご自身に関することが短い文章で書かれているのです… (続きを読む)
★★★
おかずのタネ 作りおきで何度もおいしい
今、話題の「つくりおきおかず」とは似て非なるもの、でしょうか。 一品つくると、まずそのまま食べる、さらにアレンジして食べる、という… (続きを読む)
★★★
ごほうびごはん   1
グルメ情報やうんちくはありません。 純粋に自分のために、ちょっと贅沢な食事を週に一回する。 主人公の池田さん自身による自炊だったり… (続きを読む)
★★★
昭和史 1926-1945
ひと言: 大東亜戦争勃発から終戦に到る「昭和史」を理解するうえでの良書として選書した半藤氏の力作 長文書評: …
猫とあほんだら
ひと言: 猫エッセイは数多くあるけど、多頭飼いの日常をこんなにユーモラスに描かれた本を初めて知った。こんな町田康を知ることができて、幸せ…
バルザック全集 15
ひと言: 思い切って駆け落ちしたもののその恋に破れた二人の女たち。彼女たちのその後は? 長文書評: 「ベアトリ…
罪の声
ひと言: この作品は、三億円事件、下山事件などと並び世間を震撼させ未解決のままとなっている 「グリコ・森永事件」に着想を得て、圧倒的な取…
蜜蜂と遠雷
ひと言: 「音の粒がきらきらしている」と、音楽界ではいうけれど、 ここでは文字の上で、音楽がきらきらと輝いていた。 バッハ、ショパン、ラ…

【外部リンク】


        
                 東京堂出版はこちら

 

総合ランキング

Twitter