しあわせゴハン 1
「おいしい」という台詞が一言もないのに、 登場する物語の主人公たちからは美味しくて幸せだということが、これでもかというくらいに伝わ… (続きを読む)
★★★
孤独のグルメ
今更ながら往年の名作にレビューを書こうと思ったのは、「東京千代田区秋葉原のカツサンド」を読んだ為です。 カツサンドが美味しそうだか… (続きを読む)
★★★
そう書いてあった
待望の益田ミリさん新刊です。 今回は新聞連載のエッセイ集となっています。 益田さんご自身に関することが短い文章で書かれているのです… (続きを読む)
★★★
おかずのタネ 作りおきで何度もおいしい
今、話題の「つくりおきおかず」とは似て非なるもの、でしょうか。 一品つくると、まずそのまま食べる、さらにアレンジして食べる、という… (続きを読む)
★★★
ごほうびごはん   1
グルメ情報やうんちくはありません。 純粋に自分のために、ちょっと贅沢な食事を週に一回する。 主人公の池田さん自身による自炊だったり… (続きを読む)
★★★
盲目の理髪師【新訳版】
ひと言: 映画泥棒を追え!フェル博士 安楽探偵す 長文書評: ニューヨークからフランスのシェルブールを経由し…
ちょっと一杯のはずだったのに
ひと言: 前作とガラッと変わった雰囲気、密室ものでありながら密室の解明よりも、犯人を追い詰める為の手段のほうが作者が書きたかったところな…
海辺のカフカ (上)
ひと言: 「海辺のカフカ」は「ノルウェイの森」の続編的存在であり、これだけ読んで面白いというものでもないと、個人的に思います。 …
送り火
ひと言: 芥川賞に値しないとは言わないが、それでもどこか物足りなさを感じてしまう。 長文書評: 太平洋戦争の激…
トロイアの真実―アナトリアの発掘現場からシュリーマンの実像を踏査する
ひと言: シュリーマンが掘り当てたのは真のトロイアではないけれど。 長文書評:  ギリシア神話の中のトロイアを…

【外部リンク】


        
                 東京堂出版はこちら

 

Twitter