ログインID
パスワード
  
Myページ登録はこちらから↑
 パスワードを忘れた方はこちら
PaperBackClub
しあわせゴハン 1
「おいしい」という台詞が一言もないのに、 登場する物語の主人公たちからは美味しくて幸せだということが、これでもかというくらいに伝わ… (続きを読む)
★★★
孤独のグルメ
今更ながら往年の名作にレビューを書こうと思ったのは、「東京千代田区秋葉原のカツサンド」を読んだ為です。 カツサンドが美味しそうだか… (続きを読む)
★★★
そう書いてあった
待望の益田ミリさん新刊です。 今回は新聞連載のエッセイ集となっています。 益田さんご自身に関することが短い文章で書かれているのです… (続きを読む)
★★★
おかずのタネ 作りおきで何度もおいしい
今、話題の「つくりおきおかず」とは似て非なるもの、でしょうか。 一品つくると、まずそのまま食べる、さらにアレンジして食べる、という… (続きを読む)
★★★
ごほうびごはん   1
グルメ情報やうんちくはありません。 純粋に自分のために、ちょっと贅沢な食事を週に一回する。 主人公の池田さん自身による自炊だったり… (続きを読む)
★★★
ダロウェイ夫人
ひと言: 結局のところ、あれこれ分かったつもりになっていても、あの人のこともこの人のことも、そして自分自身のこともなんにもわかっていない…
城主になった女 井伊直虎
ひと言: 来年の大河ドラマを先取り。女領主・井伊直虎(次郎法師)の波乱万丈の一生。 長文書評: 来年の大河ドラ…
カストラート
ひと言: カストラートになるために去勢させられた弟、とそのマネージャ兼作曲家の兄の物語。 長文書評: カストラ…
コーヒーが冷めないうちに
ひと言: とある街の、とある喫茶店の、とある席に座ると、過去の望む時間に戻ることが出来る。 ただし、「コーヒーがさめないうちに」飲み干さ…
私の「漱石」と「龍之介」
ひと言: I love you(和訳:吾輩も変である) 長文書評: 本を閉じて、思わず呟いた。 「変だ、猛烈に…

【外部リンク】


        
                 東京堂出版はこちら

 

総合ランキング

たてもの怪談  エクスナレッジ 
〆切本  左右社 
ヌメロ・ゼロ  河出書房新社 
学術書の編集者  慶應義塾大学出版会 
虚人と巨人 : 国際暗黒プロデューサー康芳夫と各界の巨人た…  辰巳出版 
神保町600円ほろよい倶楽部 御酒印帳 1  Sweet Thick Omelet  
日本文学全集 30  河出書房新社 
戦争まで : 歴史を決めた交渉と日本の失敗  朝日出版社 
最後の秘境 東京藝大 : 天才たちのカオスな日常  新潮社 
『イムジン河』物語 : "封印された歌"の真実  アルファベータブックス 
〈09月20日調べ〉

Twitter