1/16(火)19:00~ 巖谷國士『澁澤龍彥論コレクション』(勉誠出版)全5巻完結記念   巖谷國士さん×安藤礼二さんトーク&サイン会  「澁澤龍彥の宇宙を新たにひらく」

澁澤龍彥没後30年。再びモダンな親王が蘇る……。
彼と20歳の頃から長年の交友を続け、『澁澤龍彥全集』『澁澤龍彥翻訳全集』の編集も行った巖谷國士氏による『澁澤龍彥論コレクション』全5巻の刊行が完結した。再び注目を集める「澁澤龍彥」の自由な世界を描き出す本コレクションが、息苦しい現代社会にいかにインパクトを与えるのか? 編集者時代に巖谷氏と交流し『澁澤龍彥翻訳全集』をも担当した安藤礼二氏との対談!

プロフィール

巖谷國士(いわや・くにお)

1943年、東京に生まれる。東大文学部卒・同大学院修了。仏文学者・批評家・作家・旅行家・明治学院大学名誉教授。二十歳で瀧口修造と澁澤龍彥に出会い、以来シュルレアリスムの研究と実践をつづける。主著に『シュルレアリスムとは何か』(ちくま学芸文庫)ほか。ブルトン『シュルレアリスム宣言』『ナジャ』(岩波文庫)、エルンスト『百頭女』(河出文庫)などの翻訳でも知られる。

安藤礼二(あんどう・れいじ)

1967年、東京に生まれる。早稲田大学卒。河出書房新社の編集者として『澁澤龍彥翻訳全集』を担当。のちに文芸批評家、多摩美術大学准教授。主著に『折口信夫』(講談社、角川財団学芸賞・サントリー学芸賞受賞)、『光の曼陀羅 日本文学論』(同、第3回大江健三郎賞、第20回伊藤整文学賞受賞)など。

 

開催日時:2018年1月16日(火) 19時00分~(開場18時30分)

開催場所:東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール

参加方法:参加費 500円(要予約)

参加ご希望の方は店頭または電話にて、『巖谷さん×安藤さんトークイベント参加希望』とお申し出いただき、名前・電話番号・参加人数をお知らせ下さい。イベント当日と前日は、電話にてお問い合わせ下さい。      電話番号:03-3291-5181

当日17:00より1階レジカウンターにて受付を行います。 受付時にお渡しするイベントチケットは6階入口にて回収いたしますので、そのままお持ちください。

6階には待機場所を設けておりません。開場時間前に6階へお上がりいただくことはご遠慮ください。

会場内の書籍販売は現金のみの対応となっております。ポイント対象外となりますのでご了承ください。

やむを得ずキャンセルされる場合は、お手数ではございますが電話かメールにてご連絡いただきますようお願い申し上げます。