10/19(金) 19:00~
『カヴァフィス全詩』(書肆山田)刊行記念
池澤夏樹さんトークイベント
「わがギリシャ」

歴史のアイロニーと一人の孤独な人間のありよう、そして同性愛者の官能と悲傷――今なお高く評価され、読まれ続けているギリシャの孤高の詩人、カヴァフィスの詩と長年向き合ってきた池澤夏樹さん。そのおよそ40年にも渡る思索の時が、この度書肆山田から「カヴァフィス全詩」として結実しました。カヴァフィスの詩やギリシャ世界の魅力について語って頂きます。

※今回のイベントはサイン会はございませんので、あらかじめご了承ください。
なお、イベント会場にて『カヴァフィス全詩』のサイン本を販売いたします。

一九七五年にギリシャに住むことにしたのはもちろんロレンス・ダレルならびに弟の動物学者ジェラルド・ダレルの影響。だが、しばらく日本を出ようと思い立った時、言葉を覚えて読むものがある国という基準を自分に課したについてはカヴァフィスを考えていたと思う。アテネに家を見つけ、大学の予科に通ってギリシャ語を学んだ。
(「カヴァフィス全詩」あとがきより)

≪プロフィール≫

池澤夏樹(いけざわ・なつき)

1945年生れ。旅を重ね、ギリシャほか各地に住むも、現在は札幌在住。詩集に『この世界のぜんぶ』『池澤夏樹詩集成』『最も長い河に関する省察』『塩の道』。詩に関る翻訳にブローティガン『チャイナタウンからの手紙』『古事記』現代語訳ほか。小説に『双頭の船』『静かな大地』(親鸞賞・司馬遼太郎賞)『花を運ぶ妹』(毎日出版文化賞)『マシアス・ギリの失脚』(谷崎潤一郎賞)『スティル・ライフ』(芥川賞)ほか多数。エッセイに『ギリシャの誘惑』『星界からの報告』『楽しい終末』(伊藤整文学賞)ほか多数。翻訳にジェラルド・ダレル、カート・ヴォネガットなど。

開催日時:2018年10月19日(金) 19時00分~(開場18時30分)

開催場所:東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール

参加費: 800円(要予約)

参加ご希望の方は店頭または電話にて、『池澤さんトークイベント参加希望』とお申し出いただき、名前・電話番号・参加人数をお知らせいただくか、上記「お申し込みはこちら」から専用予約フォームにご入力の上、送信してください。イベント当日と前日は、電話にてお問い合わせください。  

ご予約受付電話番号:03-3291-5181

当日17:00より1階レジカウンターにて受付を行います。 受付時にお渡しするイベントチケットは6階入口にて係員にご提示いただきますのでそのままお持ちください。
6階には待機場所を設けておりませんので、開場時間前に6階へお上がりいただくのはご遠慮ください。

会場での書籍のご購入は現金のみの対応となっており、クレジットカード・図書カード・電子マネー等でのお支払いはできません。また、東京堂のポイントカードへのポイント付与もできませんので予めご了承ください。

やむを得ずキャンセルされる場合は、お手数ではございますが電話かメールにてご予約のお名前・イベント名をご連絡ください。