7/16(土) 15時~ 『新編 日本幻想文学集成』(全9巻)刊行記念トークイベント       《澁澤龍彦のいる文学史 『新編 日本幻想文学集成』の刊行を記念して》          出演:諏訪哲史さん(作家) スペシャルゲスト:山尾悠子さん(作家) 聞き手:礒崎純一さん(国書刊行会出版局長)

満員御礼 

本イベントの予約受付は定員に達したため、終了しました。

『新編 日本幻想文学集成』(全9巻)の刊行を記念し、本叢書の編者である芥川賞作家・諏訪哲史さんを迎えて、東京堂書店神田神保町店にてトークイベントを開催いたします。
澁澤龍彦を軸にして、日本における幻想文学の受容と発展の歴史をたどり、日本の幻想文学がどのようなものか解き明かすとともに、日影丈吉・倉橋由美子をはじめとした『新編 日本幻想文学集成』所収の作家・作品について、縦横無尽に語っていただきます。
また、スペシャルゲストとしてやはり編者の一人である作家・山尾悠子さんも登壇!
またとない貴重な機会ですのでぜひお運びください。

プロフィール

諏訪哲史(すわ・てつし)

1969年名古屋市生まれ。國學院大学文学部哲学科卒業。恩師は独文学者の故種村季弘。2007年小説「アサッテの人」で群像新人文学賞・芥川賞受賞。著書に『アサッテの人』『りすん』『ロンバルディア遠景』(すべて講談社刊)、『領土』(新潮社)ほか。

山尾悠子(やまお・ゆうこ)

1955年、岡山市生まれ。同志社大学文学部国文科卒。著書に『夢の棲む街』『仮面物語』『オットーと魔術師』『角砂糖の日』『山尾悠子作品集成』『ラピスラズリ』『歪み真珠』『夢の遠近法』ほか

開催日時:2016年7月16日(土) 15時00分~(開場14時30分)

開催場所:東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール

参加方法:参加費 800円(要予約・ドリンク付き)

本イベントの予約受付は定員に達したため、終了しました。

当日13:00より1階レジカウンターにて受付を行います。 イベントチケットは6階入口にて回収致しますので、そのままお持ちください。
※イベント中の写真・録音・動画の撮影およびWEB配信はお断りさせていただきます。